鍼灸とはどんなことをするの?得られる効果は? | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

鍼灸とはどんなことをするの?得られる効果は?

2018.02.04

Contents

鍼灸治療は東洋医学の一つで、さまざまな体の不調に対して効果があります。ここでは、鍼灸治療とはどんなことをするのか、得られる効果や副作用の有無などにも触れながら解説しています。

鍼灸の歴史

世界での鍼灸について

鍼灸は今から2000年以上前に古代中国で生まれました。漢の時代には、「黄帝内経(こうていだいけい)」という書物が登場し、当時の東洋医学のバイブルとなっており、この時代に東洋医学や鍼灸の基礎が築かれたと考えられています。その後、世界の医療の標準は長らく西洋医学でしたが、1970年代から徐々に世界でも鍼灸が注目を集めるようになります。1979年にはWHO(世界保健機構)が鍼灸の適応疾患を発表し、鍼灸の効果が世界に認められることになりました。その後も1983年の世界鍼灸学会連合(WFAS)が設立されたり、2008年にはツボの位置の世界標準を定めるプロジェクトが実施されるなど、鍼灸の有効性が世界的に認められるようになりました。

日本での鍼灸について

鍼灸が日本に渡来したのは6世紀ごろ。朝鮮半島から伝わり、明治時代まで長く日本の医療を支える存在となります。なお日本では鍼よりもお灸がよく用いられ、「徒然草」や「奥の細道」にもお灸について触れる箇所があり、広く親しまれていた治療法だということがわかります。

しかし明治時代になると西洋医学が伝来し、日本でも西洋医学が医療の中心となります。戦後には、当時の日本を統治していたGHQにより鍼灸は禁止の危機に立たされますが、鍼灸師たちの努力により、日本でも再び鍼灸の効果や重要性が認められるようになります。その後、WHOでの鍼灸の適応疾患の発表を経て世界的に鍼灸が普及し、世界各国で鍼灸の研究が盛んになり、日本も鍼灸の研究や鍼灸師の育成に関して中心的な役割を担っています。

鍼灸とはどんなことをするの?

人間の体には数多くのツボがあります。そのツボに鍼やお灸で刺激を与え、血流の流れをよくしたり、免疫力を高めたりして体調不良を改善するのが鍼灸治療です。

鍼の施術とは

鍼とは、全身に存在するツボを極細の鍼で刺激することにより、様々な不調を改善する治療法です。血流をよくし、免疫力を高めることで健康な体へと導いてくれます。

体に鍼をするというと痛そうに思えるかもしれませんが、施術を受けた方の多くが痛みを感じていません。鍼の痛みは施術で使う鍼は非常に細く、いつ鍼をされなかったのかわからなかったという人も多いです。施術で使用する鍼は0.12mm〜0.24mmほど。注射針の太さが0.7~0.9mm、蚊の針先が0.08mmなので、鍼がいかに細いかおわかりいただけるでしょう。

灸の施術とは

灸ではツボの上にモグサを置いて火をつけ、その熱で刺激する施術法です。ヨモギの葉を原料とするモグサは、熱すると爽やかな香りが広がりリラックス効果もあります。灸では皮膚の上に直接モグサを置き、小さなやけどを作って膿を出す「直接灸」が古くから用いられてきましたが、今は皮膚との間にすき間を作る「間接灸」が主流になっています。間接灸の熱は穏やかで心地よく、やけどするようなものではありません。

鍼灸はどんな症状に効果があるの?

効果がある症状

WHOが鍼灸の有効性を認めた疾患は以下の通りです。さまざまな疾患に対して、鍼灸の効果が認められていることがおわかりいただけるでしょう。中でも自律神経系の疾患は西洋医学では根本治療が難しいとされていますが、鍼灸には自律神経の乱れを整える作用があるため、鍼灸治療を受けられる方もたくさんいらっしゃいます。

 

【神経系疾患】

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

 

【運動器系疾患】

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

 

【循環器系疾患】

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

 

【呼吸器系疾患】

気管支炎・喘息・風邪および予防

 

【消化器系疾患】

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

 

【代謝内分秘系疾患】

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

 

【生殖、泌尿器系疾患】

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

 

【婦人科系疾患】

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

 

【耳鼻咽喉科系疾患】

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

 

【眼科系疾患】

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

 

【小児科疾患】

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

なぜ効くのか

科学に基づいて研究が進められた西洋医学と違い、東洋医学の成り立ちは長い年月積み重ねた「観察」をベースにしています。東洋医学の1つである鍼灸も同じ。2000年以上の時間をかけて、様々な病気に対して効果的なツボや施術が研究されてきました。

メカニズムとしては、以下の通り。

鍼や灸をすると、体は鍼やお灸による刺激を除去しようとして血行を促進させます。すると代謝が向上して免疫力も高まります。さらに刺激を受けた部分を修復しようとして、自然治癒力も高まります。このように、その人が本来持っている細胞の働きを向上させることで、さまざまな症状を解決するのが鍼灸なのです。

鍼灸によって得られる効果は幅広い

鍼灸は上記のWHOがその効果を認めた疾患以外にも、体質の改善や美容などさまざまな効果が得られます。

肩こりや腰痛の解消

肩こりや腰痛は、疲れた肩の筋肉が固まり、血流の流れが悪くなることが原因で起きると言われています。鍼では筋肉の緊張をほぐして肩周りや腰回りの血流をよくするため、施術直後から肩こりや腰痛が解消され、体が軽くなったと実感できるでしょう。

美容効果も

鍼灸をすると代謝が向上するためダイエット効果も期待できます。さらに、肌の細胞を活性化し代謝をアップさせることで、しわやたるみ、くすみなどの肌トラブルを解消することもできます。美容に特化した鍼灸は「美容鍼」と呼ばれ、今メディアなどでも注目を集めています。気になる方は『芸能人のリピーターも多数!美容と健康に効果的な「美容鍼」』の記事も合わせてご覧ください。

健康保険は使える?

鍼治療では健康保険が使える場合と使えない場合があります。ここでは保険が適用されるケースについてご説明します。

健康保険が適用されるケース

病院などの医療機関で鍼治療を受けた場合は、健康保険が適用されます。普通の病気の治療と同じように受付で保険証を提示して、会計時に一部の金額を支払います。

鍼灸治療院などの医療機関以外の施設で治療を受けた場合も保険を適用できる場合がありますが、適用される治療には限りがあります。神経痛、リウマチ、五十肩、むち打ち、ぎっくり腰、頸腕症候群などです。また、支払い時に保険が適用されるわけではありません。治療を受けた時点では全ての治療費を支払い、後日手続きをして保険適用となった金額が戻ってくる流れになります。

医師の同意書か診断書を取得して

医療機関以外での鍼治療で健康保険を適用させるためには、医師が発行した同意書か診断書が必要になります。病気の治療法として鍼治療を選択することについて、医師からお墨付きをもらわないと保険適用にはならないのです。まずは病院で診察を受ける必要があります。

ただし、注意しなければならないのは、病院でその病気の治療を受けている間は、鍼灸治療院で治療を受けても保険適用とはならないということ。わかりにくい点も多いと思うので、まずは鍼灸院か医師に尋ねてみると良いでしょう。

鍼灸に副作用はあるの?

鍼灸は西洋医学的な治療と比べて副作用が少ない治療法ですが、知っておくべき副作用として「内出血」と「好転反応」があります。内出血は、ひどい血行不良や栄養不足に陥っている場合に現れることがあります。数日経てばキレイに消えて、跡が残るようなものではありませんが、不安な方は事前に鍼灸師に相談するようにしましょう。

好転反応は施術後に急に血液の循環がよくなることで一時的なだるさや眠気をもよおす症状です。こちらもしっかり水分をとって安静にすれば、3日ほどで体がすっきりするでしょう。鍼灸の副作用については、『副作用はある?美容鍼で得られる効果とリスクを徹底解説!』で詳しく記載しているので、合わせてご覧ください。

最後に

今や鍼灸治療は中国・アジアだけでなく、世界中の地域で取り入れられています。副作用もほとんどなく体質改善ができるので、興味がある方はぜひ一度試してみてはいかがでしょうか?

<<< ブログTOPに戻る

関連記事