美容鍼を受けるときお化粧は取る?美容鍼に関する疑問 | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

美容鍼を受けるときお化粧は取る?美容鍼に関する疑問

2019.03.13

Contents

リフトアップ効果やむくみ、くすみの改善、血行促進や自律神経の調整などが期待できる美容鍼。体の内側からキレイになれる上に、リラックス効果もあることから、今多くの注目を集めています。ここでは、実際に美容鍼を受ける時に注意すべきポイントをご紹介します。

美容鍼って?

古代中国で生まれ、現在に至るまで多くの人に支持されてきた鍼治療。全身にあるツボや筋肉に鍼を打つことで血流を良くし、冷えの改善や新陳代謝の促進、免疫力を高めてくれるなどの効果が見込めます。この鍼治療を美容のためにアレンジしたものが美容鍼です。 美容鍼は肌の真皮層や皮下組織、筋肉をダイレクトに刺激し、慢性的な冷えや新陳代謝の乱れ、血行不良など、肌トラブルを引き起こしている根本的な原因にアプローチします。体の内側から整えてくれるので、美容以外にも自律神経の乱れによる不眠や慢性的な肩こりなどの改善も期待できます。

施術に関するよくある質問

美容鍼は誰でも受けられるの?

東洋医学の一つである鍼は、体が本来持っている力を引き出すものですので、誰でも安心して受けることができます。アトピーに悩む方、生理中の方も受けて頂けますが、病気で通院中の方や妊娠中の方は事前にかかりつけの医師に確認してから受けるようにしましょう。 また鍼は医療行為に当たるため、未成年の方は保護者の方の同伴が必要になります。

施術を受けるときお化粧は取るの?

美容鍼はお化粧をしたまま受けて頂けます。メイクを落とす必要がないので、お仕事帰りやお出かけの前でも気軽に受けられます。ハリッチの店舗はパウダールームを完備しておりますので、施術中にお化粧が少し崩れたとしても、施術後にすぐに直して頂けますのでご安心ください。

顔に鍼を打って痛くないの?

顔に鍼をすることを痛そうに感じる方もいらっしゃると思いますが、実際に施術を受けた方に聞いてみると、痛みを感じないと答える方が大半です。ハリッチでは鍼先が0.10mmの極細のもので、かつ特殊なコーティングがされている鍼を使用しているので痛みはほぼ感じません。 また、施術者は全員国家資格を持っているので技術面でもご安心ください。もし、痛みに関して不安がある方は、「鍼灸治療は痛くないって本当?美容鍼の痛みを徹底解説!」も合わせてご覧ください。

副作用はある?

美容鍼に限らず鍼治療全般で言えることですが、稀に内出血をすることがあります。体の表面には無数の毛細血管が張り巡らされていて、鍼先がその毛細血管を傷つけてしまうと、血管が破れて血液が漏れ出し、内出血してしまいます。健康な血管は弾力があるので鍼を刺した時に血管の方が避けてくれるのですが、血流が悪かったり血管の壁が弱くなったりしていると、血管が避けきれずに傷ついてしまうのです。 とはいえ、ずっと跡が残るようなものではなく、どんなに長くても3週間で完全に消えます。また、内出血は実は悪いものではありません。コラーゲンやヒアルロン酸などをつくりだし、お肌の再生にとてもよい影響を与えてくれます。 もし不安な方はお顔には鍼をせずに首肩や頭皮に鍼と電気を流し、遠隔からアプローチすることもできるので、施術前に相談するといいでしょう。

施術が終わったら

施術が終わった後は血行が良くなっており、のぼせやすいため長時間の入浴は避けてください。ぬるめのお湯でシャワーを浴びるくらいにしておきましょう。飲酒や激しい運動は避け、安静に過ごして頂いた方が、より効果を実感できると思います。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事