マッサージ後になるもみ返し。鍼でも同じようなことがあるの? – 美容鍼灸・美容鍼の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

マッサージ後になるもみ返し。鍼でも同じようなことがあるの?

2019.03.27

Contents

マッサージで強めの力で揉んでもらうと、施術後に痛みを感じることがあります。これは「もみ返し」と呼ばれる状態で、ひどい場合には症状を悪化させてしまうこともあります。ここでは、もみ返しがなぜ起きるのか、鍼灸治療でも同じようなことが起きるのかを解説します。

筋肉の凝りが生じるのはなぜ?

血液は各組織に酸素と栄養を届け、代わりに二酸化炭素と老廃物を受け取っています。血液を全身に送り出すポンプの働きをしているのは心臓ですが、実は筋肉もその役割を果たしています。ただ、本来の柔らかくしなやかな筋肉は、血流を促す働きをするのですが、疲労がたまった筋肉は固くなり、反対に血流を妨げるようになってしまうのです。固くなって血行が悪くなった筋肉は、さらに疲れやすくなってしまい、凝りが生じるようになるのです。

筋肉の凝りをほぐすのは難しい

奥にある筋肉はほぐれにくい

肩周りと腰回りの筋肉は負担がかかりやすいため、多くの方が肩こりや腰痛でマッサージを受けに行ったことがあるのではないでしょうか。しかし、肩や腰回りは複数の筋肉が重なり合って構成されているため、マッサージでは表面の筋肉しかほぐすことができません。体の奥の方の筋肉は凝り固まったままなので、施術中に気持ちいいと感じても根本的な解決にはならないのです。

強くもみすぎた時に起きるもみ返し

肩こりがひどいと強い刺激を求めて、強めのマッサージをお願いする方も多いのではないでしょうか。しかし、揉む力があまりにも強すぎると筋肉を傷つけてしまい、施術後に痛みを感じるようになります。これがもみ返しです。

傷ついた筋肉は時間とともに回復しますが、筋肉は回復するときに元の筋肉よりも固くなる性質があるため、回復後はより強い刺激を求めるようになります。血流はどんどん悪化し、凝りもどんどんひどくなっていく悪循環に陥ってしまうのです。

筋肉の凝りには鍼灸がオススメ

鍼灸治療とは

東洋医学の一つである鍼灸は、全身に存在するツボを鍼やお灸で刺激することにより、様々な症状を解消してくれる治療法です。鍼をすると体は異物が入ってきたと認識し、異物を追い出そうとする力が働きます。免疫力がアップし、血行が促進されるだけでなく、刺激を受けた部分をもとの状態に戻そうと、新陳代謝も活発になります。体の内側から健康な状態へと整っていくため、自律神経の乱れによる不調も改善してくれるのです。

血流を改善して凝りを解消

鍼灸は即効性のある治療法で、施術後すぐに体がポカポカと温まるのを実感できるほど、血行が良くなります。首や肩、腰などの血行が改善されることで筋肉がほぐれ、凝りを解消してくれるのです。

また、施術後は副交感神経が活発になるため、リラックスした状態になります。普段不眠に悩まされている方も、ぐっすり眠ることができるでしょう。つらい凝りの症状だけでなく、凝りの原因となる睡眠不足も解消してくれるため、鍼灸は凝りに非常に有効とされています。

鍼灸にももみ返しはある?

鍼やお灸には、強い力で揉むマッサージのような刺激はありません。いつ鍼をされたのか気付かない方も多いですし、お灸もじんわり暖かさを感じる程度の刺激です。そのため、マッサージのようなもみ返しは鍼灸にはありません。

ただし、稀に施術後に体がだるくなることがあります。これは血行が良くなったことで、それまで体に蓄積されていた老廃物が全身を巡るにようになって起こるもので、好転反応と呼ばれています。老廃物が体外へ排出されれば落ち着くので、施術後はしっかり水分を摂って安静に過ごすようにしましょう。

最後に

肩こりや腰痛などの辛い筋肉の凝り。マッサージは一時的に気持ちよく感じられるかもしれませんが、根本的な改善をするなら鍼灸がオススメです。鍼灸は即効性があるだけでなく、もみ返しのように症状が悪化することもないので、凝りに悩まされている方はぜひ試してみてください。