美容鍼の効果を最大限に引き出すためのセルフケア – 美容鍼灸・美容鍼の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

美容鍼の効果を最大限に引き出すためのセルフケア

2019.03.29

Contents

アンチエイジングから体質改善まで、さまざまな効果のある美容鍼。せっかく施術を受けるなら、その効果をしっかり持続させたいですよね。そこで重要になってくるのがセルフケアです。ここでは美容鍼の効果を最大限に引き出すための、おすすめのセルフケアを紹介します。

体の内側から美しくなれる美容鍼

東洋医学の鍼灸治療には、血流を促進し、ホルモンバランスを整えてくれる効果があります。この鍼灸治療をベースにした美容鍼にも血行促進効果があるため、血行不良が原因になっているクマやくすみなどを根本から改善してくれます。

また、肌の内側の真皮層をダイレクトで刺激することで自己治癒力が高まり、新しい細胞がどんどん生まれて、肌の新陳代謝が活発になります。年齢とともに目立つようになった肌トラブルも、体本来の力を引き出すことによって解消してくれるのです。

美容鍼の効果はさまざま

美容鍼なら美肌はもちろんのこと、体質や体調の改善にも効果があります。気になる美容鍼の効果について見ていきましょう。

美肌効果

肌トラブルには様々な原因がありますが、根本的な原因として挙げられるのは血行不良と新陳代謝の悪化です。健康な肌では新しい細胞が常に生まれていますが、年齢とともに新しい細胞を生み出す力が弱くなると、ターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れ、くすみやクマ、乾燥が目立つようになります。また、ハリのある肌を保つために必要なコラーゲンやヒアルロン酸などの物質も加齢とともに生成量が落ちていき、たるみやシワの原因となります。新しい細胞を作り出す力が弱くなっているところに、血液の流れが滞ってしまうと、肌に十分な栄養や酸素が供給されず、さらに新しい細胞を作る力は低下してしてしまうのです。

美容鍼では肌トラブルの根本的な原因にアプローチ。顔まわりの血流が促され、新陳代謝が活性化されることにより、シワやたるみ、目の下のクマ、くすみや乾燥など、様々な肌トラブルが解消されます。

体質改善

長年続く肩こりや冷えの症状にお悩みの方にも美容鍼はおすすめです。肩周りの血流をよくすることで、使い過ぎて凝り固まった筋肉の緊張をほぐし、肩こりを解消してくれます。また血行が良くなることで、足先の冷えに苦しんでいる方も症状が改善されるはず。美容鍼は即効性があるため、施術を受けている途中から体がポカポカと温かくなるのを実感できるでしょう。

さらに、鍼にはホルモンバランスの乱れを整える効果もあるので、つらい生理痛も和らげてくれます。体質改善を考えている方は、ぜひ一度鍼灸師に相談してみましょう。

体調不良の改善

体の生命活動を支えている自律神経は、活動時に優位になる交感神経と、リラックスする時に優位になる副交感神経から成っています。交感神経と副交感神経がそれぞれバランスよく活動することで、健康な生活を送ることができるのですが、強いストレスなどが原因で交感神経が過剰に働くようになると、自律神経のバランスが崩れ、イライラや動機、不眠、肌あれなどの様々な症状に悩まされるようになります。

鍼には副交感神経を優位にし、リラックスした状態へと導いてくれる効果があります。原因のハッキリしない体調不良や不眠、イライラといった症状にお悩みの方は、一度美容鍼を受けてみてはいかがでしょうか。

おすすめのセルフケア

保湿

肌は複数の層が重なってできており、肌の弾力を保つために欠かせないコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸などの物質は、肌内部の真皮層にあります。これを外部のダメージから守る役割を果たしているのが、一番表面にある表皮と呼ばれる層です。ただし、表皮が乾燥していると、表皮の持つバリア機能が弱くなり、肌の内部を守ることができません。表皮のバリア機能を保つためにも、化粧水やクリーム、乳液などで保湿対策をしっかり行いましょう。

紫外線予防

紫外線は表皮を通り抜けて、真皮層にあるコラーゲン繊維などの物質を破壊してしまいます。紫外線による老化は「光老化」とも呼ばれ、加齢による老化よりもダメージが大きいと言われています。この光老化を防ぐためにも、日頃から紫外線対策は入念に行いましょう。紫外線は波長の長さによって種類がありますが、中には窓ガラスを通り抜けて室内まで届くものもあります。室内だからといって油断せずに、日焼け止めなどでしっかり紫外線を予防しましょう。

健康的な生活

体の調子は肌の状態にも影響を与えます。不規則な食生活や不摂生な生活を送っていると、自律神経の乱れやホルモンバランスの乱れを引き起こし、肌荒れの原因になります。規則正しい、ストレスの少ない生活が送れていれば、自然と肌のターンオーバーが整い肌も美しくなってくるのです。肌の状態を引き上げ、美容鍼の効果を長持ちさせるためにも、適度な運動、バランスのよい食事、十分な睡眠時間の確保など、健康的な生活をおくるように心がけましょう。

半身浴

美容鍼は副作用の少ない施術ですが、稀に内出血してしまう場合があります。健康な血管は壁に弾力があり、鍼が入ってきても避けることができますが、極端な栄養不足や血行不良によって血管の壁が弾力を失うと、鍼をよけきることができず、傷ついた血管から血液が漏れ、皮膚の下に溜まって内出血を引き起こしてしまいます。内出血を避けるためには、施術日の前日に半身浴をして、血流を良くしておくといいでしょう。血行不良を改善しておくことで、施術中の内出血のリスクを下げられます。

ただし、美容鍼を受けた後は血流がよくなっているため、とてものぼせやすい状態になっています。施術後当日は入浴を控えるようにしてください。