話題の美容鍼、気になるけどちょっと怖いという方へ – 美容鍼灸・美容鍼の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

話題の美容鍼、気になるけどちょっと怖いという方へ

2019.04.01

Contents

リフトアップ効果や美肌効果があることから、大きな注目を集めている美容鍼。多くの芸能人も利用しているようですが、顔に鍼を刺すのってちょっと怖いですよね…。そこで今回は美容鍼について徹底解説します!まだ試せていない人は要チェックですよ!

美容鍼とは

国家資格保持者のみできる施術

東洋医学の鍼治療をベースにしている美容鍼は副作用のリスクが低く、施術後すぐに実感できるリフトアップ効果が魅力の美容法です。もしかしたら、東洋医学という分野に対して、少し怪しいと感じる方がいるかもしれませんが、鍼の施術者は全員国家資格を取得している人たちです。エステやリフレクソロジーとは異なり、鍼は国から一定のレベル以上のスキルを持っていると認めてもらえなければ施術できないのです。

さらに、ハリッチの施術者は各店舗で訓練を重ね、ハイレベルな施術スキルを取得して初めてお客様の前に立てるので、初めての方も安心して施術を受けて頂けます。

どんなことをするの?

美容鍼は顔や頭を中心に、全身に存在しているツボを鍼で刺激します。体に異物(鍼)の侵入を受けたと認識させることで免疫力を活性化し、血液の流れを良くすることができるのです。さらにハリッチでは、鍼をした後に微弱電流を流すことによって、より高い効果を得られます。

得られる効果は?

美容鍼はその名の通り、様々な美容効果・美肌効果を得ることができます。年齢を重ねるごとに気になるシワやたるみ、目の下のクマ、お肌の乾燥や肌荒れなど、幅広い肌トラブルを解消してくれます。

また、自律神経の乱れや胃腸の乱れを整えてくれる効果もあるので、不眠やイライラ、慢性的な冷えやコリに悩まされている方にもおすすめです。

顔に鍼をするのがちょっと怖い…

痛みはほとんどありません

今まで鍼治療を経験したことがないと、「顔や全身に鍼を刺して痛くないの?」と不安に感じる方も多いのではないでしょうか。ただ、実際に美容鍼を体験された方に伺うと、いつ鍼をされたのか気付かなかったと答える方がほとんどです。

これは、鍼灸師たちが痛くないように打ち方を工夫していることと、使用する鍼の太さが関係しています。鍼治療では、鍼先が細ければ細いほど痛みを感じにくいと言われているのですが、ハリッチで使用しているのは髪の毛ほどの太さしかない極細の鍼。たまに痛みを感じる方もいますが、それも蚊に刺されたようなチクッとするくらいの痛みです。痛みに弱い方も多くリピートしてくださっています。

美容鍼の痛みに関して詳しく知りたい方は「鍼灸治療は痛くないって本当?美容鍼の痛みを徹底解説!」の記事も合わせてご覧ください。

出血することはあるの?

鍼を刺したら出血するのではないかと不安に思われるかもしれませんが、美容鍼で刺激するのは肌の表面の部分です。肌は表面から、表皮・真皮・皮下組織の3層から成り立っているのですが、鍼で刺激するのは真皮層まで。太い血管が走る皮下組織まで鍼は届きません。尚、表皮や真皮には毛細血管が張り巡らされていますが、健康な血管であれば壁に弾力があり鍼を避けてくれるので、基本的には出血しません。

ただし、ひどい栄養不良や血行不良などによって血管が弱っている場合は鍼をよけきれず、出血したり内出血したりすることがあります。とはいえ綿花で抑えればすぐに止まる程度の微量な出血なので、痛みを感じることもほとんどありません。また内出血した場合も、数日のうちに色が薄くなっていき、1〜3週間経てば完全に消えます。痕が残るようなことはないのでご安心ください。

施術後に体がだるくなることがある

美容鍼に限らず、鍼治療では施術後に体のだるさを感じることがあります。これは「好転反応」といって、体が改善される過程で引き起こされるものです。鍼治療で血流が良くなったために、それまで体内に蓄積していた老廃物や疲労物質などが全身をめぐり、体のだるさや熱っぽさを感じるようになるのです。

全身を巡っている老廃物が体外へ排出されれば落ち着きますので、施術後はしっかり水分をとって安静に過ごすようにしてください。長くても3日ほどで体が軽くなるはずです。

まとめ

顔や全身のツボに鍼をする美容鍼。怖いと感じる方もいらっしゃると思いますが、痛みに弱い方でも問題なく通える施術内容になっています。施術後すぐにリフトアップ効果を実感して頂けるので、興味がある方はぜひ一度試してみてください。