「ツボ」や「経絡」など、東洋医学の基本を徹底解説! | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

「ツボ」や「経絡」など、東洋医学の基本を徹底解説!

2019.04.08

Contents

不眠や肩こり、原因不明のイライラなど、現代の人が抱える様々な悩み。現代の医療で改善が見込めないときは、鍼灸が症状を和らげてくれるケースもあります。ここでは、鍼灸のベースとなっている東洋医学の考え方について、わかりやすく解説します。

私たちの身近に存在する東洋医学

東洋医学というとあまり馴染みがないと感じる方も多いかもしれませんね。しかし、実は日常生活の中で東洋医学の考え方に触れることはよくあります。例えば、冷え対策に生姜を食べたり、肩こりに効くツボを押したりすることは、すべて東洋医学の考えがベースになっているのです。

東洋医学が活躍するのはどんなとき?

西洋医学にも苦手分野がある

現代の医学は西洋医学が主流です。西洋医学では体を複数のパーツの集合体と考えていて、体のどこかに不調があった場合は、脳や心臓、胃や腸など一つひとつのパーツを検査し、一般的な数値とズレがあるかどうかで、良し悪しを判断します。そして悪いパーツがあれば、手術や薬などで治療を行います。

しかし、検査などで悪い部分が見つけられないと、どのパーツを治療すればいいのかがわからないため、患者本人が症状を訴えていても治療方針を決められないのです。例えば、自律神経の乱れによる不調は検査で異常を見つけることができません。そのため西洋医学では根本的な治療をすることができず、眠れなければ睡眠薬を、体が痛むなら痛み止めを処方するという、対処療法的な治療になってしまうのです。

東洋医学との併用で健康な体を手に入れる

一方の東洋医学では、患者さんの現状を把握するときは、一般的なデータとの比較ではなく、その患者さんに現れている症状や患者さん自身の話などから患者さんの体全体の状態を把握して治療方針を決めます。そのため、検査結果で悪いところが見つからないようなケースは、東洋医学の得意分野なのです。

西洋医学も東洋医学も、それぞれ得意分野がありますので、どちらも併用しながら健康な体を目指しましょう。

東洋医学の基本を理解しよう

気・血・水

東洋医学で重要だと考えられているのが、3つの要素「気」「血(けつ)」「水(すい)」のバランスです。どれか一つでも欠けたり、働きが鈍くなったりすると、全体のバランスが崩れて体調悪化に繋がると考えられています。

「気」は全ての元になる要素で、生命活動を支えています。「血」と「水」も「気」から生まれていますが、「気」が働く上で必要な栄養は血液、つまり「血」が運んでくれます。血液以外の体内にある水分を意味する「水」は、「気」や「血」が体の中をスムーズにめぐることができるように体を潤す役割を果たします。このように3つの要素が相互に影響し合い、バランスを保って健康な体を支えているのです。

経絡とツボ

気や血は、「経絡」という道を通って全身をめぐっています。この経絡は、内臓や筋肉、皮膚などをつなぐ役割も果たしているため、経絡の中を流れてきた気や血が体内の組織に届けられるという仕組みになっています。

健康な体では気や血が経絡の中をスムーズに移動しているのですが、経絡の流れが詰まると臓器などに気や血が行き届かなくなり、体調不良の原因となります。この時、治療で使われるのが「ツボ」です。

鍼治療の考え方

臓器は体の奥深くにあるため、直接治療をすることはできません。そこで東洋医学では、臓器と繋がっている経絡を刺激します。体内に張り巡らされた経絡は、場所によっては皮膚のすぐ下を走っているところがあり、皮膚の上から押すとその刺激が経絡に伝わり、経絡の先にある臓器にも伝わります。中でも、いわゆる「ツボ」と呼ばれる、刺激が伝わりやすいポイントを刺激すると、その刺激が経絡に伝わり、気や血の流れが一気によくなります。すると滞っていた気や血が臓器に行き届くようになり、体調不良が解消されるのです。

最後に

具合が悪いにも関わらず検査で異常が見つからないケースや、病気になりかけの状態を得意分野としている東洋医学は、ストレスの多い現代において、再び注目を集めています。つらい症状に悩まされている方は、ぜひ鍼灸治療を試してみてはいかがでしょうか。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事