副作用はある?美容鍼で得られる効果とリスクを徹底解説! | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

副作用はある?美容鍼で得られる効果とリスクを徹底解説!

2019.04.08

Contents

美肌やアンチエイジングなどの効果があることから、今大人気の美容鍼。美容鍼は安全性が高く、比較的副作用の少ない美容法と言われていますが、実際のところどうなのでしょうか?ここでは美容鍼の効果と起こりうる副作用について解説します。

美容鍼の仕組み

東洋医学がベースに

美容鍼は東洋医学の鍼灸がベースになっています。鍼灸では、鍼やお灸を使って体のツボを刺激することで血流を良くして免疫力を高め、体のさまざまな不調を改善する効果があります。この鍼灸を美容に応用したのが美容鍼です。顔や頭のツボを中心に鍼を行い、血行を良くすることでさまざまな肌トラブルを解決へと導きます。

体が本来持っている力を高める

西洋医学では病気の原因を除去するために薬を服用します。しかし薬は体外にある物質を取り入れるという性質上、副作用が出やすいもの。その点、鍼灸は体の内側に働きかけ、体が本来持っている力を高めることで不調を改善するため、安全性が高く、副作用が少ないのです。

鍼灸がベースになっている美容鍼も、肌が持つ本来の力を引き出すものなので、副作用が少なく、安全な施術だと言われています。

美容鍼のメリットとは

アンチエイジング

美容鍼には、加齢とともに気になるシワやたるみなどの肌トラブルを解消してくれる、アンチエイジング効果があります。肌の弾力を保つ上で欠かせないコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸などの美容成分は年齢とともに生成量が落ちていきます。そのため、年齢とともに肌が弾力を失うと、シワやたるみなどの肌トラブルが気になるようになります。美容鍼では、美容成分の存在しているお肌の真皮層をダイレクトに刺激することで、細胞の自己治癒力を高め、美容成分の生成を促進してくれるのです。施術直後から肌がキュッと引き上がっているのを実感できるでしょう。

また美容鍼は白髪の予防にも効果があります。白髪はメラニン色素を作る「メラノサイト」という細胞の働きが弱まることが原因の一つとして挙げられます。美容鍼で頭皮の血行を促進しメラノサイトに酸素と栄養素を届けることで、色素が形成され白髪が予防できるのです。

体質改善

美容鍼は東洋医学がベースになっているので、肩こりや腰痛など、体質に関する様々なお悩みを改善する効果もあります。鍼の刺激を受けた体は鍼を異物とみなし、これを除去しようとして血行を促進させます。血の巡りがよくなると、血液の流れにのって酸素や栄養素だけでなく、熱エネルギーも体のすみずみまで届けられるので、冷え症改善の効果があります。また老廃物の除去も促進されるため、むくみが解消されるほか、凝りや腰痛も改善され、施術直後から顔や体がスッキリ軽くなるでしょう。

様々な不調を解消

自律神経は呼吸や内臓の働き、体温調整など、生きていくために必要な体の働きを支えています。自律神経は緊張時に優位になる交感神経と、リラックス時に優位になる副交感神経からなり、両者のバランスが保たれることで健康な状態を維持しています。しかし、ストレスなどでこのバランスが乱れると、不眠やイライラ、めまいや動悸など、様々な不調が現れるようになります。

鍼灸には、自律神経のバランスを整える効果があるため、自律神経の乱れによって引き起こされる症状を改善してくれます。鍼灸がベースになっている美容鍼でも、その効果は期待できます。お肌の調子を整えながら、体調を整えることもできるのです。

美容鍼に副作用はあるの?

内出血をするリスク

美容鍼の副作用の一つに、内出血が挙げられます。皮膚の表層には無数の毛細血管が張り巡らされているため、どんなに腕のいい鍼師でもこの毛細血管を全て避けて鍼をすることは不可能です。ただ、通常は血管の壁は弾力性があり、血管自体がしなやかな鍼を避けてくれるため内出血の可能性は低くなります。しかし栄養が十分に取れていなかったり、血液の流れが滞っていたりすると、血管壁の柔軟性が弱く内出血の可能性も高まることもあります。

もし仮に内出血をしたとしても、消えるまでの時間には個人差がありますが、痕が残るようなことはないのでご安心を。

内出血をするかどうかは実際に鍼治療を受けてみないとわからないので、不安な方は施術前に相談してみて下さい。顔の中心など目立つ場所を避けて鍼をすることもできます。鍼による内出血に関しては、『美容鍼で内出血するって本当?内出血はどれくらいで治る?』も参考にしてください。

好転反応

鍼の副作用としてもう一つ覚えておきたいのが、「好転反応」です。鍼をすると血流が良くなり体内に蓄積されていた疲労物質や老廃物が一気に全身を巡るようになるため、一時的なだるさや眠気などの症状が現れることがあります。鍼の施術後に起こるため「これって副作用?」と思われる方もいるかもしれませんが、体が回復に向かっている証拠なので、大きな心配はいりません。

もし好転反応と思われる症状が出た場合は、しっかり水分を摂り安静にしましょう。体内にたまっていた疲労物質や老廃物が尿として流れ出てしまえば、3日ほどで症状は落ち着きます。好転反応のあとは、体がすっきりして軽くなったことを感じられるでしょう。

好転反応の詳細は、『鍼治療の後に症状が悪化することってあるの?好転反応とは』も参考にしてください。

好転反応にはどんな種類がある?

弛緩反応

組織同士のエネルギーのアンバランスにより、だるさや眠気、めまいなどの症状が現れる反応です。一部の組織が本来の働きができていない状態では、他の組織もその状態に合わせてエネルギーを抑えて活動しています。鍼によってその組織が回復してくると、他の組織とのバランスを保てなくなるために起こります。時間の経過とともに安定してきます。

排泄反応

体にたまっていた老廃物を排出するために起こる反応です。肌に吹き出物や発疹、ニキビなどが現れるほか、目脂が出たり尿の色が濃くなったりします。これは体が持っている解毒作用により起こるもので、体内が浄化されていく過程であると言えるでしょう。

回復反応

鍼で細胞が刺激されると、これまで血行が悪かった箇所に一気に血液が巡るようになります。すると発熱や吐き気、動悸などの症状が現れます。細胞の活性化によって血の巡りが良くなり、体が回復に向かっている証です。

最後に

美容鍼は副作用の少ない施術ではありますが、施術後に内出血したり、好転反応などが出ることがあります。しかしこれらは一過的な症状であり、数日経てば落ち着いてきます。好転反応が終わって健康な状態を取り戻すと、体が快調になったことを実感できます。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事