鍼は痛いの?鍼特有の感覚「ひびき」ってどんなもの? | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

鍼は痛いの?鍼特有の感覚「ひびき」ってどんなもの?

2019.04.12

Contents

肩こりや腰痛を解消したり、自律神経のバランスを整えてくれる鍼。幅広い症状に効果がある一方で、体に鍼をするという行為に不安がある方も多いのではないでしょうか。ここでは鍼の痛みと、鍼特有の感覚である「ひびき」について解説します。

鍼灸とは

施術について

鍼は東洋医学で行われる治療法の一つで、全身に存在するツボを鍼で刺激することにより、様々な不調を改善します。東洋医学において、ツボは体の臓器や組織とつながっていると考えられており、手で触ることのできない臓器や組織の不調に対して、ツボを介してアプローチするのです。

鍼の打ち方にもさまざまなパターンがあります。鍼をしてすぐ抜く方法もあれば、しばらく時間をおいてから抜く場合もあります。また、打った鍼に微弱な電流を流すこともあります。施術については鍼灸師が体の状態を確認し、その人にベストな方法を提案してくれます。

得られる効果

鍼灸で改善できる症状は非常に幅広く、WHO(世界保健機構)も鍼灸の効果を認めています。例えば、鍼灸の持つ血行促進効果は、肩こりや腰痛、冷え性のような体質の悩みを改善してくれますし、動脈硬化症のような病気の治療にも有効で、実際の医療現場で取り入れられているケースもあります。

また鍼灸には体の免疫力を向上させる力もあり、風邪の予防やアレルギーの改善方法としても注目されています。ホルモンバランスを整える効果もあるので、ひどい生理痛にお悩みの方や不妊に悩まされている方にもオススメ。

さらに自律神経の乱れを整える作用があるため、原因不明のイライラや不眠といった精神的な症状も和らげてくれます。特に自律神経の乱れによって引き起こされる症状は現代医療で完治させることが難しいため、病院で治らなかった方は鍼灸を頼ってみるといいでしょう。

鍼は痛いの?ひびきって何?

鍼で感じる痛みは2種類

鍼で感じる痛みは、大きく分けて2種類あります。一つ目は、鍼が皮膚に入る瞬間の痛み。チクッとした感覚ですが、この痛みは感じない人も多く、いつ鍼をされたかわからなかったという人もいます。鍼が皮膚に入るときの痛みについては、『美容鍼は本当に痛くない?美容鍼の効果や痛みを徹底解説!』に詳しく記載しておりますので、そちらも参考にしてください。

二つ目は鍼の刺激が体に響くような、鍼特有の「ひびき」という感覚。ひびきの感じ方は個人差が大きいようです。

鍼特有の感覚「ひびき」とは

鍼が筋肉に入る時に、ズーンと重く体に響いてくるような感覚を感じることがあります。これが鍼特有の感覚「ひびき」です。鍼に慣れている方や長い間症状に苦しんでいる人は、ひびきを気持ちいいと感じることが多いようですが、鍼にあまり慣れていない方や刺激が苦手な方の中には、痛いと感じたり、苦手に感じたりすることもあるようです。

ただし、このひびきは打ち方によって強さを調整することが可能です。施術を受ける人の感じ方や症状に応じて、ひびきを強くするような打ち方をすることはありますが、鍼が初めてな方やひびきが苦手な方に対して、ひびきを強くするような打ち方はしません。

ひびきがある方が効果を得られるか?

治療院の中にはあえてひびきを感じるような打ち方をするところもあります。しかし、ひびきを感じないからといってツボを刺激できていないというわけではありませんので、一概にひびきがある方が効果的だと言い切れるものではありません。ひびきの大小よりも、リラックスして施術を受けていただいた方がよいので、施術中のひびきが不安な方は遠慮なく鍼灸師にご相談ください。

最後に

鍼灸で感じる痛みには、鍼が皮膚に入る瞬間の痛みと、鍼が筋肉に入る瞬間の「ひびき」の2種類があります。ひびきの感じ方には個人差があり、苦手な人もいれば、心地よいと感じる人もいます。鍼灸の施術ではひびきの強さを調節することも可能ですので、鍼灸の痛みやひびきが不安な方はあらかじめ鍼灸師にご相談ください。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事