おでこのシワは解消できる!美容鍼でシワの原因にアプローチ! | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

おでこのシワは解消できる!美容鍼でシワの原因にアプローチ!

2019.04.12

Contents

老け顔のもとになるおでこのシワ、老化のサインだと諦めてはいませんか?シワの原因に直接アプローチできる美容鍼なら、シワの改善が期待できます!ここではおでこのシワの原因と自宅でできるケア、そして美容鍼の効果について解説します。

老け顔の原因になるおでこのシワ

顔にできるシワの中でも特に、老けて見える要因となるおでこのシワ。おでこは面積が広いので、くっきりできたシワはどうしても目立ってしまいますし、メイクで隠すことも難しいですよね。また、笑ったときにできる笑いじわはチャームポイントにもなりますが、おでこのシワは不機嫌で気難しそうにも見えてしまい、相手に与える印象も悪くなってしまいます。

おでこのシワができる原因は?

おでこのシワができる原因は実に様々。多くの要因が複合的に絡んで、くっきりとしたシワになってしまうこともあります。

頭の凝り

おでこを動かすのは前頭筋という筋肉です。前頭筋が問題なくスムーズに使えていれば、おでこを動かしてシワができたとしてもすぐに元に戻ります。しかし睡眠不足やストレスなどの影響で頭皮がこり固まってしまうと、頭皮とつながっている前頭筋も動かしにくい状態になってしまいます。すると、おでこを動かすときに前頭筋に余計な力が加わってしまい、おでこの皮膚に負担がかかって、シワができてしまうのです。

表情筋の衰え

皮膚の下には表情筋という筋肉があります。表情筋を動かすことで様々な表情を作ることができるのです。表情を作る際にシワができますが、本来は一時的なもの。しかし表情筋をきちんと使っていなかったり、加齢などにともない表情筋が衰えてしまうと、筋肉がこり固まって元の状態に戻すことが難しくなり、普段何気なく作っている表情のクセがついてしまうのです。特にまぶたを持ち上げる力が衰えると、瞬きするときに代わりにおでこの筋肉を使ってしまうので、瞬きするたびにおでこにくっきりと横じわを刻んでしまいます。

肌の衰え

肌のハリを保つために必要なのが、皮膚の内部にあるコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸です。コラーゲン繊維が網目状にピンと張り、エラスチンがそれを支え、その中にゼリー状のヒアルロン酸が満ちていることによって肌の弾力がキープされています。しかし加齢にともないコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸の生成量が減少するため、肌のハリは失われ肌がたるみ、シワができやすくなります。

乾燥

肌の一番表面には角質層があり、肌を乾燥や外敵から守っています。乾燥により角質層の潤いが失われると、肌表面が干ばつを起こしたように体積が小さくなり、シワが刻まれてしまいます。また、紫外線を浴びることは「光老化」とも呼ばれ、加齢にともなう老化よりも紫外線による老化の方がはるかに頻度が高いと考えられています。紫外線は肌の内部まで入り込み、コラーゲン繊維やエラスチンを壊してしまうほか、角質層のバリア機能を失わせてさまなる乾燥を引き起こしてシワを作るという悪循環に。

おでこのシワには美容鍼が効果的!

美容鍼とは

美容鍼とは、東洋医学の一つである鍼灸治療をベースにした美容法で、今多くの注目を集めています。そもそも鍼灸治療とは、全身にあるツボに鍼で刺激を加えることによって血行を促進し、免疫力を高め、体の不調を改善することができるというもの。この効果を美容に応用したものが美容鍼です。

美容鍼では顔や頭皮のツボを中心に鍼で刺激することにより、血流をよくし、新陳代謝を促します。血行不良や新陳代謝の悪化からくる様々な肌トラブルを、内面から整えることができるのです。即効性があるためたくさんの芸能人の方からも支持され、テレビや雑誌でも多く取り上げられています。

シワの原因を根本から解消!

鍼が体の中に入ると、免疫細胞はそれを異物とみなすため、異物を排除しようとして血流が活発になります。また、鍼の刺激を受けて自己治癒力が働き、新しい細胞を生み出そうとするため、代謝も活発になります。血流が良くなって細胞に十分な栄養が運ばれるようになり、コラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸の生成が活性化し、ハリのある肌を取り戻すことができるのです。

また筋肉の緊張をほぐして頭皮から引き上げるため、おでこのシワの原因となっている表情筋の衰えや頭皮のこりを解消し、シワのないおでこを手に入れることができます。

どのくらいの効果があるの?

1回の施術でも、施術直後からシワが薄くなったことを確認できるでしょう。施術の回数を重ねるほど効果の持続時間も長くなり、シワが解消されていくのを実感できると思います。シワの解消だけでなく、血行不良や新陳代謝の悪化が原因でできているクマやくすみ、ほうれい線などの改善も期待できます。さらに、肩こりや不眠、自律神経の乱れなどを整えてくれる効果もあるので、体調不良に悩まされている方にもオススメです。

痛みはあるの?

美容鍼は頭や顔を中心に鍼をするので、痛みがないか気になるところですよね。HARICCHIの美容鍼では髪の毛ほどの太さしかない極細の鍼を使っているため、痛みを感じるどころか、いつ鍼をされたのか気付かないという方も多いです。痛みがあったとしても、ちくっと蚊に刺された程度の刺激ですのでご安心ください。

自宅でのケアも併用して持続力アップ

美容鍼でおでこのシワは解消することができますが、セルフケアも並行して行うことでさらにその持続力がアップします!ご自宅でのケアもぜひ取り入れてみてください。

保湿はしっかり

乾燥によるシワを防ぐためにはなんといっても保湿対策!しっかり化粧水で潤いを満たしてから、保湿クリームや美容液を塗りましょう。おでこは頬などと比べて乾燥が目に見えにくいですが、保湿ケアは忘れずに。しっかり保湿することで角質層のバリア機能も維持できるので、紫外線などのダメージからも肌の内部を守ることができます。

紫外線対策は入念に

肌にダメージを与え老化を早める紫外線は、徹底的にケアしましょう。特におでこは汗をかくと日焼け止めクリームが流れてしまうので、夏場は念入りに塗りなおすことが肝心。また紫外線は窓ガラスも透過しますので、家の中でも日焼け止めクリームは欠かさずにつけるようにしましょう。

マッサージをするなら頭皮から

リンパマッサージなど、顔や首回りのケアを取り入れている方もいるかもしれませんが、忘れがちなのが頭皮のマッサージ。頭皮のマッセージは頭全体の血行を促進し代謝を活発にするので、頭皮とつながっている顔のハリも保たれ、シワのない肌を手に入れることができます。また頭皮マッサージは抜け毛や白髪の予防に役立ちますので、顔周りのアンチエイジング効果が高く、ぜひ取り入れていただきたいケアの一つです。

最後に

セルフケアで改善するのが難しいおでこのシワに悩まされている方は、ぜひ美容鍼を試してみてください。痛みも副作用も少なく、東洋医学がベースになっているため、初めての方でも安心して受けて頂けるでしょう。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事