血行を良くしてくれる美容鍼の効果とは – 美容鍼灸・美容鍼の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

血行を良くしてくれる美容鍼の効果とは

2019.04.16

Contents

今や幅広い年代の方から愛されている美容鍼。美容鍼によって得られる健康的な美しさは、滞っていた血液の流れが良くなることに起因しています。血行がよくなると美容効果だけでなく、体質改善効果も期待できるので、美容鍼はまさにいいこと尽くしなのです。

血行を良くしてくれる美容鍼

ベースとなっているのは東洋医学の「鍼灸」

美容鍼は、東洋医学の鍼灸治療を美容の分野に応用したものです。鍼灸治療では、体にあるツボに鍼やお灸で刺激を与えることで、体のさまざまな不調を改善することができます。東洋医学において、ツボの刺激は血液の流れを介してその先の組織や臓器に働きかけると考えられています。これは美容においても同様で、顔や頭部のツボを中心に刺激することによって、様々なお肌の悩みを解決することができるのです。

血行が良くなるメカニズム

顔に鍼をする美容鍼では、極細の鍼を使用しているため、施術中、いつ鍼が体に入ったのかわからなかったという方が多いです。痛みはほとんどありません。

しかし、実際は鍼によって皮膚から筋肉にかけて小さな傷ができます。もちろん、非常に小さな傷ですので、施術を受けている方はほとんどなにも感じません。ただ、体に異変が起きたことを体内の免疫細胞は敏感に感じ取り、これを修復しようとして血流を促進させます。血液の中には患部の修復に必要な酸素(赤血球)や免疫細胞(白血球)などが含まれているので、血行をよくしてこれらの物質を効率よく運搬しようと働きかけるのです。

血行が良くなることで見込める効果

美肌効果

施術直後から実感できるのがリフトアップ効果です。血行がよくなることでたまっていた老廃物が除去され、むくみが解消されるので、フェイスラインがすっきりとし、憧れの小顔を手に入れることができます。

また、血行不良によって引き起こされているクマやくすみも、施術直後から解消されていることがわかるでしょう。鍼によって血行が促進されるため、血色がよくなり、肌のトーンもグッと明るくなります。

さらに、血行が良くなると各組織に酸素や栄養が十分に行き渡るようになります。特に、ハリをある肌を保つために必要なコラーゲン繊維やエラスチン、ヒアルロン酸などの物質は、年齢とともに生成量が減少していきます。血流がよくなることで、これらの物質の生成に必要な栄養素が効率よく運ばれるので、失った肌のハリを取り戻すことができます。

肩こり・腰痛の改善

長時間の立ち仕事やデスクワークにより、肩こり・腰痛でお悩みの方も多いのではないでしょうか。、ずっと同じ姿勢を続けていたり、運動不足がもとで血行が悪くなると、筋肉がこわばって神経を圧迫するようになります。これが肩こり・腰痛の原因です。

また、血行不良となった部位からは「ブラジキニン」という物質が分泌され、それが細胞内に入るときに痛みが誘発されるとも考えられています。美容鍼は血行促進作用のほか、筋肉の緊張をほぐす働きもあるので、肩こりや腰痛の解消に効果があります。

冷え性・むくみの改善

冷え性の原因の一つに血行不良が挙げられます。血液には体内を循環し、各細胞に栄養や酸素を送り届けますが、体のすみずみまで熱エネルギーを届けるという大切な働きも担っています。血行不良に陥ると、手先や足先のような末端にまで熱が届かなくなり、冷え性になってしまうのです。

美容鍼によって血の巡りがよくなると、体のすみずみまで熱エネルギーが届くようになるため、冷え性が改善されるのです。施術中からも体がポカポカしてくるのを実感していただけるでしょう。また、血行が悪いと老廃物がたまってむくみの原因にもなります。美容鍼によって血行が促進されることでむくみも除去されるので、体がすっきりして足痩せなどの効果もあります。

その他

血行は体の状態と深く関連しています。血行が悪くなると、胃腸がダメージを受け、胃炎や胃潰瘍を引き起こしやすくなります。また、腸がしっかり活動できなくなるため、便秘や下痢などの原因となることも…。

そのため東洋医学では、胃腸の働きが乱れている場合、胃への血行を促して胃腸を温めるための治療が行われます。普段から胃腸の状態がよくない、便秘がちや下痢気味という方は、血行不良がその根本の原因となっている可能性も考えられます。

また、血行と密接に関連しているのが自律神経です。自律神経は血管の収縮・拡張をコントロールしている神経で、ストレスやホルモンバランスの乱れなどで自律神経が乱れると、血行不良を招いてしまいます。美容鍼には自律神経を整える作用があるので、自律神経の乱れにより血行不良が生じている場合には、非常に有効な方法なのです。

効果はどのくらい持続する?

美容鍼は体の状態によって効果の持続期間が左右されます。初めての方でも、1週間ほどは効果が持続するという方が多いです。施術の頻度としては、最初は4日間~1週間に1回の施術を3~5回行って肌の状態を整え、そのあとは月に1回ほどメンテナンスとして通っていただくことを推奨しております。

最後に

血行不良は肌や体の状態と密接に関連しています。美容鍼により血行がよくなることで、美肌や健康などさまざまな効果がもたらされます。お悩みの肌トラブルや体調については、鍼灸師に一度ご相談ください。