手や腕のしびれには鍼治療を試してみて! | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

手や腕のしびれには鍼治療を試してみて!

2019.04.16

Contents

重い荷物を持ったり、パソコン作業をしたりすると手や腕にしびれが出る…そんな症状でお困りではないですか?そのしびれには鍼治療が効果的です!ここではしびれの原因と、鍼治療の有効性について解説します。

しびれとはこんな状態

体内には無数の神経が走っており、しびれはその神経が圧迫されるなどして障害されて起こります。一概にしびれと言っても、大きく分けて以下の3つの症状があります。1つ目は痛みや冷感が薄れたり感じなくなったりする「感覚の低下」、2つ目は手が動かしにくく力が入らない「運動麻痺」、そしてジリジリ・チクチクといった通常ではない感覚が走る「異常感覚」です。

体のしびれはなぜ起こる?

肩こりによるしびれ

手や腕のしびれで最も多い原因は、実は肩こりです。手や腕の神経は、首周りの頸椎から出て、肩から腕を経由して手の先まで伸びています。デスクワークやパソコン作業などで肩がこると、緊張した筋肉により腕や手に向かう神経が圧迫されてピリピリとしたしびれが起こります。血流も悪くなるため、冷感やだるさを伴う場合もあります。筋肉の緊張や血行不良によって引き起こされる一時的なものなので、作業をいったん中断し、マッサージをすれば改善することも多いです。

病気によるしびれ

一方で、しびれには重大な病気が隠れているケースがあります。外科的な要因としては、首の骨が加齢により変形する頚椎症や、つらい腰痛を伴う椎間板ヘルニアが挙げられます。また、片側だけのしびれや麻痺、ろれつが回らないといった症状では脳卒中が疑われます。他にも、四肢の血行障害を起こすレイノー病や、糖尿病などが原因で末梢神経が障害される多発性神経炎などもあります。いずれにせよ、特定の作業や動作をしたわけではないのにしびれがある場合は、これらの病気が疑われるケースもありますので、速やかに医療機関を受診してください。

肩こりが原因のしびれには鍼が効果的!

肩こりはこんな状態

肩こりは、デスクワークやパソコン作業などを長時間続けた場合に、肩周辺の筋肉が緊張し凝り固まることで起こります。通常、筋肉は力を入れれば硬くなり、力を抜けば柔らかい状態に戻るものです。しかし、常に使われていて緊張状態が続いている筋肉は、血流が滞り、十分な酸素や栄養が行き届かなくなります。代謝も悪くなるので、筋肉にたまった老廃物も排出しにくくなります。するといつまでも筋肉の緊張がほぐれず、筋肉が硬いままになってしまうのです。この状態が肩こりです。肩の周辺には頭や手につながる神経が通っているため、緊張した筋肉によって神経が圧迫されると、肩こりが原因で頭痛や手のしびれを伴うことがあります。

鍼の効果

肩こりによるしびれの解消には、血行をよくして筋肉の緊張をほぐすことが一番です。肩こり対策にマッサージをされる方もいると思いますが、マッサージでは表面の筋肉しかほぐすことができません。通常、人間の体を覆う筋肉はいくつもの層が重なっているため、奥にある筋肉をマッサージでほぐすことはできないのです。

そのため、筋肉の凝りにはマッサージよりも鍼治療がおすすめ!鍼は東洋医学の考え方に基づく治療法で、体のツボを髪の毛くらい細い鍼で刺激することによって、血流をよくし、筋肉の緊張をほぐしてくれます。肩こりの鍼治療に関しては「肩こりには鍼治療が効果的?継続期間はどのくらい?」の記事で詳しく紹介していますので、合わせてご覧ください。

最後に

日常生活に支障をきたすしびれは早く改善したいもの。肩こりが原因と考えられる場合は、筋肉の緊張をほぐして血行を促進してくれる鍼治療が有効です。しびれを伴う肩こりにお悩みの方は、一度鍼灸師に相談してみてはいかがでしょうか。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事