鍼が体にあってない?施術後に倦怠感があるのはなぜ? – 美容鍼灸・美容鍼の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

鍼が体にあってない?施術後に倦怠感があるのはなぜ?

2019.04.18

Contents

様々な症状に効果があると言われている鍼灸治療。副作用が少ないと言われていますが、稀に施術後に倦怠感を感じることがあります。ここでは鍼灸治療後の倦怠感について解説します。

副作用の少ない鍼灸治療

鍼灸治療には滞っている血液の流れをよくし、免疫力を高めてくれる効果があります。体が本来持っている力を引き出すことで体の不調を改善してくれるため、副作用が少なく、アレルギーやアトピーなどに悩まされている方でも、安心して治療を受けることができます。得られる効果は様々で、肩こりや腰痛を解消したり、胃腸の働きや自律神経の乱れを整えたり、新陳代謝を活発にすることも出来ます。

施術後に起こる倦怠感

副作用の少ない鍼灸治療ですが、まれに施術後に倦怠感を感じる場合があります。もしかしたら自分の体に合っていないのかも、と思われるかもしれませんが、これは「好転反応」と言い、鍼灸治療の後、稀に現れることがあります。

倦怠感の原因は?

鍼灸治療で全身のツボを刺激すると、血行がよくなり、新陳代謝が活発になります。そうすることで、今まで筋肉の中に溜まっていた疲労物質が血中に流れ出て全身を巡り、倦怠感を感じるようになります。これが好転反応です。

しかし、疲労物質が尿などで体外へ排出されると、鍼灸治療を受ける前よりも体が軽くなります。つまり、倦怠感は体が良くなっていく過程として起きていることなのです。

どんな症状が見られる?

好転反応の主な症状としては、体のだるさを感じたり眠気を覚えたりします。しかし、これらは施術後2〜3日のうちにはおさまり、その後は体が軽くなっているでしょう。

倦怠感は必ず出るものではない

鍼灸治療によって血行は良くなりますが、必ずしも施術後に倦怠感が出てくるわけではありません。症状が出るかどうかには個人差がありますし、また疲労物質がどれだけ溜まっているかによって左右される部分もあるので、鍼灸治療を受けてすぐに症状が改善される方もいれば、鍼灸治療を続けていくうちに好転反応が出なくなる方もいます。

施術後に倦怠感が出たときは

鍼灸治療を受けた後は、激しい運動や長時間の入浴は避けてください。もしも施術後に体のだるさを感じたら、無理をせずゆっくり休むといいでしょう。体内の疲労物質を尿として排出することができれば楽になりますので、たっぷり水分を摂ることもオススメです。

最後に

鍼灸治療の後に稀に現れる倦怠感。これは体が良くなっていく過程で起きているものです。施術前に鍼灸師からも説明があると思いますが、鍼灸治療が合わない体質ではないのでご安心ください。