不眠症に悩まされたら鍼灸を頼って!効果のあるツボもご紹介 | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

不眠症に悩まされたら鍼灸を頼って!効果のあるツボもご紹介

2019.05.28

Contents

なかなか寝付けない、寝てもすぐに起きてしまうなど、不眠症の症状に悩まされているのなら、鍼灸治療という選択肢もあります。ここでは不眠に対する鍼の効果やそのメカニズムについて解説します。不眠に効くツボやおすすめの食べ物もあわせて紹介しているので、不眠症にお悩みの方は参考にしてください。

不眠症とは

中高齢から増加する傾向に

眠れない状態が続いて十分な睡眠を確保できず、その結果、日中の倦怠感や注意力散漫などの体調不良を感じる状態を不眠症と言います。若いときに発症することはあまりありませんが、20代〜30代頃から発症する人が現れはじめ、中高年になると急増すると言われています。

不眠症には4つのタイプがある

不眠症には、①寝ようとしてもなかなか寝つけないタイプ、②夜中になんども目が覚めてしまうタイプ、③朝早く目が覚めてしまうタイプ、④眠りが浅く熟睡できないタイプの4つがあり、どれか一つに当てはまる人もいれば複数に当てはまる人もいます。日本で不眠症を患っている人は多く、日本生活習慣予防協会によると成人の20%が慢性的な不眠を感じているそうです。

不眠症になる原因

厄介なのが自律神経の乱れによる不眠

人が眠れなくなる原因は様々です。カフェインの取りすぎや生活リズムの乱れ、アルコールが原因で眠れなくなることもありますし、身体的な病気が原因のこともあります。喘息や花粉症がひどいときに息苦しさから熟睡できなくなったり、泌尿器系の疾患で頻尿になり夜間に何度もトイレに行きたくなって目が覚めたりすることもあります。色々な原因はありますが、それらの中でも厄介なのが自律神経の乱れによる不眠です。

そもそも自律神経とは?

自律神経とは自分の意思に関係なく、生きていく上で必要な肺や心臓などの臓器の活動を支えている神経です。自律神経は交感神経と副交感神経から成ります。交感神経はストレスを受けた時や緊急時に働きます。敵と戦う時や逃げるときなどに体を活性化させるためのもので、心臓の鼓動を早め、筋肉に血液を送り、呼吸は早く成ります。一般的に仕事やスポーツをするときには交感神経が優位になると言われています。一方、副交感神経はリラックスするときに働きます。落ち着いたときに体を休ませるためのもので、心臓の鼓動をゆるやかにし、内臓に血液を送り込み、呼吸は穏やかになります。睡眠前や就寝中は副交感神経が優位に働きます。この二つがバランスよく活動することで正常な生活を送ることができるのです。

自律神経が乱れるとどうなる?

仕事などで過度な疲労がたまっていたり、精神的ストレスを長い間受け続けたりしていると、交感神経が過剰に反応してしまうようになります。交感神経と副交感神経はどちらか一方しか活動できないので、交感神経が活動し続けると、いつまでも体は休むことができません。これが自律神経の乱れです。

自律神経が乱れると、これといって明確な身体的疾患が見当たらないのに、様々な不調を感じるようになります。全身をくまなく検査しても異常が見つからないのに、本人は倦怠感、ほてり、手足のしびれ、動悸、不整脈、不眠などのような不調を感じるようになるのです。

不眠症を改善するために

不眠に効果的なツボ

ここでは不眠に効果的なツボを4つ紹介します。ツボを押すときは、基本的には力の入れやすい両手親指を使いましょう。押しにくい場合は、必要に応じて人差し指を添えたり、ツボをつまんだりします。「痛気持ちいい」くらいを目安にゆっくりと押し、押した状態で3~5秒ほど止めます。これを数回繰り返しましょう。

 

百会(ひゃくえ)

頭頂部の中心、耳を結んだラインと鼻筋のラインの延長線が交差する場所にあるツボです。自律神経の不調を改善し、不安やストレスを解消する効果があります。親指では力が入り過ぎてしまうので、百会は人差し指と中指で押すとよいでしょう。シャンプーをするときのように、百会とその付近の皮膚を持ち上げるようにマッサージする方法もおすすめです。

 

完骨(かんこつ)

耳のすぐ後ろの出っ張った骨の斜め下、髪の生え際にあります。不眠や頭痛、首のこりなどに効果があります。親指以外の4本の指で頭を抱え、親指で完骨を押すと安定します。

 

安眠(あんみん)

文字通り、安眠に効果があるツボです。眠気を誘うので、ベッドに入る前にツボ押しするとよいでしょう。場所は耳のすぐ後ろの出っ張った骨の下にあるくぼみから、指1本分ほど下。完骨と近いので、セットでツボ押しするのがおすすめです。

 

失眠穴(しつみんけつ)

かかとのふくらみの中央にあるツボで、名前の由来は「失われた眠りを取り戻す」というところから来ています。かかと近くの硬い部分なので、指で押すよりもこぶしで10~20回程度優しく叩いて刺激するのがおすすめです。

不眠に効果的な食べ物

不眠症の改善には、不眠に効果的な食べ物を積極的に摂取するのもよいでしょう。不眠症のタイプ別に、おすすめの食材をご紹介します。自分の不眠のタイプに合わせて、毎日の食生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。

  • イライラして寝付けない方におすすめな食べ物:玉ねぎ、しそ、セロリ、トマト、黒豆、シナモン
  • 寝ても途中で目が覚める方におすすめな食べ物:大根、冬瓜、ナシ、ブドウ、ユリ根、キクラゲ、昆布
  • くよくよ考えて寝付けない方におすすめな食べ物:ほうれん草、にんじん、ナツメ

朝きちんと起きて日光に当たることも大切

良質な眠りのためには、朝きちんと起きて太陽の光を浴びることも大切です。眠りへ誘う働きをする「メラトニン」というホルモンは、光を浴びるとその約15時間後から分泌が始まります。夜寝る前にしっかりメラトニンが分泌されている状態にするには、朝起きてカーテンを開け、太陽の光を浴びることが重要なのです。

逆に、夜でも光を浴び続けているとメラトニンの分泌量が減り、スムーズに眠りにつけなくなってしまうので、夜遅くまでスマホやパソコンの画面を見るのは避けた方がよいでしょう。

不眠症の治療を受けるなら

病院では睡眠薬が処方される

不眠症に悩まされているなら、何か病気が隠れている可能性もあるので、まずは病院を受診しましょう。ただし、自律神経の乱れによる不眠は病院で検査をしても異常を見つけることができません。本人がどんなに強い不調を感じていても、検査で身体的な異常を見つけることはできないのです。検査で異常が見つからなければ、西洋医学でできることは症状を沈めることだけ。そのため、身体的疾患が見つからない不眠については、眠れないという症状を抑えるために睡眠剤を出してくれるのです。

確かに睡眠剤を飲めば眠れるでしょう。しかしこれでは根本的な解決になっていません。乱れた自律神経を整えなければ、薬が切れると再び眠れなくなってしまうのです。

根本的な治療を望むなら鍼がおすすめ

病院で原因がわからなかった場合や、自律神経の異常によるものだと診断された場合には、睡眠薬による治療よりも鍼灸治療が効果的です。鍼には自律神経の乱れを整える効果があり、たかぶった神経を鎮めてスムーズな眠りを促してくれます。また、リラックス効果もあるので、ストレスを感じやすい人や疲れがたまっている人にもおすすめです。

不眠症に鍼が効果的な理由

鍼のメカニズム

鍼は東洋医学から生まれた治療法の一つで、体調不良を起こしている体に対してアプローチします。外部から侵入してきたウイルスを直接やっつけることはできませんが、自身の持っている免疫力を高めることによって体調の改善を図ります。

鍼は髪の毛ほどの細い針を体に点在するツボに打ちます。すると体は異物から攻撃を受けたと認識し、異物と戦うため免疫力が上がります。こうして、体が本来持っている、病気と戦う力を高めることで、健康な体に戻るように働きかけるのです。

WHOにも認められた鍼の効果

そもそも鍼は病気の解明が進んでいない古来に誕生したもので、数々の原因不明の病と戦うために確立された治療法です。そのため、自律神経の乱れが原因となっている体調不良のように、明確な身体的疾患が見当たらない場合でも効果があると言われていて、その効果は近年WHO(世界保健機関)も認めるところとなりました。

WHOが発表している鍼の適応疾患の中には、自律神経の乱れからくる不眠症も含まれます。神経系の疾患は西洋医学的なアプローチでは治療が難しいケースも多く、自律神経のバランスを整える効果がある鍼が注目されているのです。

最後に

原因不明の不眠に悩まされているなら、まずは不眠に効果のあるツボ押しや食べ物を試してみてください。それでもダメなら鍼を受けてみるのもおすすめです。不眠に効果のある方法はたくさんあるので、自分に合った方法を見つけましょう。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事