美容鍼は結婚式の何日前に行くのがいいの? | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

美容鍼は結婚式の何日前に行くのがいいの?

2019.05.28

Contents

最高の状態で結婚式を迎えるためには、お気に入りのドレスやヘアスタイルを見つけるのと同じくらい、お肌の状態を整えておくことも大切ですよね。キレイなお肌へ導いてくれる美容鍼を、結婚式の前に受けたいという方もいらっしゃると思います。美容鍼の効果の持続時間などを考えると、挙式の何日前に施術を受けるといいのでしょうか。

肌本来の美しさを引き出す美容鍼

くすみや乾燥など、肌トラブルの多くは血行不良や新陳代謝の衰えが原因です。また、体調の乱れが肌荒れとして現れることもあります。このような肌トラブルに対して、化粧品などを使って外部からアプローチするエステと違い、美容鍼では体の内側に働きかけ、肌が持つ本来の力を引き出すことによって美しい肌へと導きます。

美容鍼には、滞っている血液の流れを促進し、衰えた新陳代謝を活性化してくれる力があります。この効力によって、くすみや乾燥、クマやたるみなど幅広い肌トラブルを解消することができるのです。また、胃腸の働きや自律神経のバランスを整える力もあるので、体調の乱れによる肌荒れにも効果的。健康的な美しさを手に入れることができるのです。

結婚式の何日前に行くといい?

一生に一度の晴れ舞台を最高のお肌で迎えるために、挙式前に美容鍼を受けようと検討している方もいらっしゃると思います。美容鍼には即効性がありますが、実際は何日前に行くといいのでしょうか?

効果の持続期間

美容鍼は即効性があるため、初めて施術を受けた方でも、その効果は施術直後から実感できるはずです。しかし、その効果の持続時間は、肌の状態によって異なります。

初めて美容鍼を受けられる方でも、施術後約1週間は効果を実感して頂けると思います。しかし美容鍼の効果をより高めるなら、結婚式の直前ではなく、前もって継続して通っておいた方がいいでしょう。美容鍼の効果は施術を重ねて肌のコンディションが整うほどに、持続時間が長くなります。実際にHARICCHIでは、最初は4日間~1週間に1回の施術を数回続けたのち、そのあとはメンテナンスとして月1回ほどの来院を推奨しています。即効性の高い美容鍼ですが、施術を開始されたばかりでは効果の持続時間も短いので、結婚式に最高のコンディションで臨むためにも、結婚式前に単発で施術を受けるのではなく、前もって継続して来院されることをおすすめします。

内出血する可能性

東洋医学の鍼灸治療がベースとなっている美容鍼は、副作用が少なく、いろいろな人に受けて頂けますが、結婚式直前の施術には注意すべき点があります。それは、美容鍼には内出血する可能性があるということ。

美容鍼では髪の毛程度の太さしかない極細の鍼で、お肌の真皮層をダイレクトに刺激します。顔の表面には無数の毛細血管が張り巡らされていますので、鍼先が血管を傷つけると、出血したり内出血したりすることがあります。健康な血管は壁に弾力があるため、鍼が入ってきた時に血管の方が鍼を避けてくれるため、内出血することはありません。しかし栄養不足や血行不良などで血管が弱ってしまうと、血管の壁に弾力がなくあり、鍼を避けきれなくなるのです。

どんなに腕のいい鍼灸師でも、すべての血管を避けて施術することは不可能ですので、内出血をするかどうかは、施術を受ける人の状態によって決まります。もちろん、内出血をしたからといって、跡になって残るようなことはありません。数日のうちに色が薄くなり、1〜3週間ほどで完全に消えてなくなるでしょう。とはいえ、大切な晴れ舞台で顔に内出血をしてしまったら大変ですので、結婚式直前に初めて美容鍼を受けることはオススメしません。

美容鍼に行くタイミングはいつ?

以上の点を踏まえると、結婚式の2~3カ月前から施術を始め、結婚式に向けて徐々に肌のコンディションを整えていくのが理想的です。また内出血する可能性を考えると、挙式の1週間前までには施術を済ませておいた方がいいでしょう。顔の目立つ部分を避けて鍼をすることもできるので、これから結婚式を控えている方は、事前に鍼灸師に相談してみてください。結婚式当日を一番きれいな状態で迎えられるように、サポートしてくれるはずです。

<<< ブログTOPに戻る

関連記事