美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

肩こりには鍼治療が効果的?継続期間はどのくらい?

2018.09.01

  • 肩こり
  • 頭痛
  • 眼精疲労
  • 寝不足
  • ストレス

Contents

  • 腰痛の原因は?
  • どのように対策をするのが正しい?
  • 腰痛予防では何をすべき?

長時間座りっぱなしだったり、ずっとパソコンと向き合ったりしていると、首や肩が凝ってしまいますよね。この肩こりを放置しているとどんどん悪化して、頭痛の原因になったり、炎症を起こして激しい痛みを伴うようになったりします。慢性化してしまった肩こりはどのように対処したらいいのでしょうか?

なぜ肩こりが起きるのか?

肩は頭と腕の重さを支えているため、もともと負担がかかりやすい場所です。デスクワークや無理な姿勢での読書などで長時間肩に負担をかけてしまうと、肩の筋肉が疲れてしまいます。本来、筋肉というのは柔らかいものなのですが、疲れがたまると硬くなり、血管やリンパ管が圧迫されて血流が悪くなってしまいます。これが肩こりの原因だと言われています。

肩こりを引き起こす原因は?

同じ姿勢でのデスクワーク

パソコンとずっと向き合うデスクワークは、長時間同じ体勢で過ごすことで肩に大きな負担がかかり、肩コリの原因になります。また、姿勢が悪いと重たい頭をうまく支えることができず、肩への負担が大きくなって肩こりしやすくなります。

眼精疲労

パソコンや携帯を長時間見ていると、まばたきの回数が減って目が乾いた状態になります。その乾いた目で、さらに長時間小さな文字やチカチカした画面を見ることで、慢性的に目が疲れるようになります。そうすると目の周りの筋肉が緊張し、肩こりにつながると言われています。

運動不足

色々なものを持ち上げたり、体を支えたりしている筋肉は、使わなければどんどん衰えていきます。そして、ちょっとした負担がかかっただけで疲労を感じやすくなってしまうのです。そのため、適度な運動ができていないと肩こりをしやすくなると言われています。また、運動不足は血行不良を招くので、そのことも肩こりを引き起こす原因となっています。

寝不足

体に溜まった疲労をリセットする唯一の方法が、良質な睡眠を十分に取ること。しっかり睡眠が取れなければ、蓄積した疲労はいつまでも回復しません。肩周りの筋肉も同様です。寝不足が続くと肩の筋肉に溜まった疲労が肩こりを引き起こします。

ストレス

ストレスを受けると交感神経が活発になります。交感神経というのは主に仕事中やスポーツをするときに働くもので、車に例えるとアクセルのような役割を持っています。心臓の鼓動を早め、呼吸数を増やし、筋肉を緊張させることで、体を活発にさせます。
そのため、ストレスを長い間受け続けていると交感神経が刺激されて、筋肉も常に緊張した状態になってしまい、肩こりになってしまうのです。

肩こりに最も効果的な方法は?

マッサージ

肩こりでまず思い浮かぶ対策といえばマッサージではないでしょうか。肩こりに悩む方であれば、きっと一度は受けたことがあると思います。多くの人が受けているので安心感がありますし、何よりマッサージをしてもらっている時はとても気持ちがいいので、つい通ってしまいたくなりますよね。
ただ、マッサージは凝り固まった筋肉を一時的に揉みほぐしているだけなので、根本的な治療にはなりません。施術を受けている時点では本当に気持ちいいのですが、あくまで一時しのぎにしかならないので、本当に肩こりが辛くなったときに利用するのがいいと思います。

ストレッチ

凝り固まった筋肉をほぐし、血流をよくすることができるストレッチは肩こり解消に非常に効果的です。また、体を動かすことによって肩まわりの筋肉を使うことにもなるので、疲れにくい肩を作ることができます。できれば毎日の生活の中にストレッチを取り入れるといいでしょう。
ただし、間違ったストレッチや無理なストレッチは逆に肩を痛めてしまうこともあるので要注意。整体などで正しいストレッチ方法を教えてもらいましょう。

鍼治療

ストレッチは肩こりにとても効果がありますが、毎日ストレッチをする時間が取れない方も多いと思います。そんな方にオススメなのが鍼治療。鍼治療では髪の毛ほどの細い鍼を体のツボに刺します。その刺激によって筋肉が緩み、血行がよくなると言われています。
肩こりは固くなってしまった肩周りの筋肉によって引き起こされる血行不良が原因ですので、針治療は肩こり解消にとても有効なのです。

鍼治療の効果はどれくらい続くのか?

鍼は体質が改善されていくほど、効果の継続期間が長くなります。個人差はあるものの、初めて施術を受けた日から数えて4日~1週間に1回、そのペースをまずは3~5回続けて頂くことをハリッチではお勧めしております。
その後は3週間に1回ほど通って頂くと、肩こりのない楽な生活を維持できると思います。

最後に

多くの人が悩まされている肩こり。悪化すると頭痛や嘔吐、激しい炎症を起こすこともあるので、早めに改善したいですよね。色々な解消法があるので、ぜひ自分の体に合う方法を見つけてください。

関連記事

人気記事