先輩の声・辻 梢 | 美容鍼灸の銀座ハリッチ | 東洋医学治療と美容鍼灸でいつも最高のあなたへ
日本語

メニュー

美容鍼灸・医療レーザーのハリッチ

日本語
  • English
  • 簡体中文

“私らしさ”を強みに、最高の癒しを追求したい。

銀座ハリッチ 鍼灸師(23歳)

辻 梢

Profile

九州医療スポーツ専門学校 2015年3月卒
美容鍼灸の可能性に惹かれ、一念発起して九州から東京へ。
将来は地元でプライベートサロンの開業を夢見る。2015年入社。

こんなに細い鍼なのに、あっという間に捻挫を治してしまうなんて!高校時代、部活でのケガを治療したことがきっかけで、鍼灸の道を進んだ私。在学中に、美容鍼灸という新たな世界を知り、東京で働くことを決めました。ハリッチを選んだのは、何といってもその技術の高さに魅力を感じたから。顔に微弱な電流を流す治療など、先進的な技術も取り入れており、ここで最高の技術を身につけたいと思ったんです。
施術をする上で、私がいちばん大切にしているのは、最高にリラックスできる“癒しの瞬間”を提供することです。とくに重視しているのは、施術後のヘッドマッサージ。お客様が眠ってしまうくらいの心地よさを追求しようと勉強を続けているんです。もともと私は人見知りで、初対面のお客様には、どう話しかけていいかわからないくらい。先輩方のように、上手なトークはできません。だからといって、私がこの世界で通用しないかというとそんなことはないんです。本当に大切なのは、お客様に満足していただくことですから、“私らしさ”を強みに、サービスの質を高めていけばいいわけです。そういう意味では、かなりポジティブな人見知りなのかもしれません(笑)。
どちらかと言えば、職人タイプな私ですが、少しずつ会社での役割が変わってきています。
現在はサブリーダーとして、新人スタッフの教育などにも携わっているのですが、組織のマネジメントにも視野が広がってきたんです。当社では、そうした研修や教育制度も充実しているので、人間として大きく成長できるチャンスがあると思います。技術はもちろんですが、知識を貪欲に吸収し、将来の糧にしていきたいですね。